2013/03/29

2013/4/7 春の北國宝生能

 

曲目、主な配役は以下のとおりです。

能 「花月」 シテ高橋右任 ワキ苗加登久治 アイ野村祐丞
狂言「清水」 シテ野村 萬 アド野村扇丞
能 「源氏供養」 シテ佐野由於 ワキ殿田謙吉
仕舞「難波」 島村明宏
仕舞「藤戸」 大坪喜美雄
能 「船弁慶」 シテ宝生和英 ワキ宝生閑 アイ炭哲男



子供の頃より出演させていただいておりますこの会ですが、いつも4月の第一日曜に催され、時期的にはまだ寒く、会の1週間後に金沢の桜が咲き始めるというイメージでしたが、今年は4月7日ですと散ったあとかもしれません。
こんなところでも気候の変化を感じます。


今年は観阿弥生誕680年、世阿弥生誕650年に当たります。
我々能楽師は、時代の変化に順応しつつ、これからも続く長い能楽の歴史の
通過点にいる者として、しっかり演じていくことが使命と思っております。
 
どうぞご高覧下さいませ。
 
 
 

0 件のコメント:

コメントを投稿